いきまっしょ~い!

いろいろあるさ人生は!笑いも涙も詰め込んで、行くがオンナのど根性!ムチャせず無理せず、さぁ~今日もいきまっしょーーぃ!! ※写真・同居嫁グチ・本・水どう・テレビ・ジャニ・・ 腐女子主婦です※

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ぶ、ブログ名が・・ 

あるブログサイトから引っ越してきて1週間。。。。

まだ、タイトルが決まりきらん・・・・

この1週間  「・・ま、いっか?!」

んでいま、「いきまっしょ~~い!」


・・・・・・・・・・
どうしようどうしよう~~

でかいひとりごとね  ぷっ
スポンサーサイト
[ 2006/11/20 18:09 ] 日記 | TB(0) | CM(16)

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」 

ついに放送!←CMのパクリじゃん)

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」 
              番組公式サイトは こちら
 

 ☆ドラマについての感想

私は、原作はまだ読んでおりません。
本の存在を知ったのと、洋ちゃんが主演するってことを知ったのが同時だったので、
彼を通しての「東京タワー」を知ってから、と思ったので・・

とにかく一番は「オカン」でした。
いつでも見守ってくれて、あの暖かい笑顔、皆を和ませてくれる優しさ・・
だからみんな集うのでしょう。
最後の最後にまで自分が逝ったあとのことまで気にかける(箱から手紙が出てきましたよね)
あの気遣いも、
「人様に迷惑ばかけたらいかん。ちゃーんと約束は守りなさい」と教えてくれる姿も、
ひとりの母親として、それ以前に人間として、学ぶ姿でもあったと思うのです。

人は誰でも淋しいのです、だから思いやりを無限に与えてくれる
「オカン」に、みんな惹かれていったのでしょう。

あの どうしようもない「オトン」も、
オカンがいつも見守っていてくれる、という安心?甘え?から
無法もできたのでしょう。
きっと、「オカン」の姿は、
みんなが求める姿なのかもしれません。


もし、今回のテレビで泣けた人がいたなら、
自分も、泣くほどの暖かさを人にあげれるような
そんな人間でいれるように、
毎日を過ごしていくよう頑張ってって欲しいと思います。



この本の話を友達とした時に、友達が言いました、
「あー知ってる~!リリーさんて人、すっごいマザコンなんだってー?!」
・・・・今日、ドラマを見て思ったのですが、

思いやりを持ち合うことと、「マザコン」は、違う!

いまのご時勢に一番必要なのは「思いやり」です、
他人に対してもそうだし、家族に対してもそうです。
相手はどうしてもらったら嬉しいのか?
相手のためには自分はどうすればいいのか?
きちんと相手の気持ちを自分は受け止められているか?
基本ですよね?
今のこの 荒れた世界の、根本は、それじゃないんですかね??


感動ももちろんあったんですけど、
そんな思いがいっぱいになってきました。
改めて考えさせてくれた リリー・フランキーさんに
感謝☆ です。



 ☆主演者についての感想

もちろん、洋ちゃんがゴールデン番組に主演っていうのもすごく注目していました。
私は、友達が「どうラー」(水曜どうでしょうのコアなファン)で、そこから彼を知ったので、
その延長上のバラエティ番組はハズレ無しだとは思っていましたが、
彼の演技に対して、「どうなんやろう・・?」っていう思いがあったのも事実です。
でも・・土曜日の午後、ある友達からメールが来ました。
洋ちゃんが土曜・放送当日の朝に書き上げた日記があると。
 (OFFICE CUE サイト オフィシャルサイト「CUE DIARY」より) ←リンクはあえてしませんので読みたい方は探してください

このドラマが暗礁に乗り上げかけたこと多々。
    (あえて書かない、罵事雑言の嵐になってまぅから)
洋ちゃん個人も・・・・うん、いろいろあったやね。
    (あえて書かない、一部のドアホにはマジムカついてるから)
でも、そこから 大切な事を学んだ 洋ちゃんは。
ダイジョウブだね。
そんな気がしました。

いろんなことがある人ほど、
自分はいかに 多くの人に支えられて生きているかを実感できるだろう。
それに気づいた人ほど、
また 次の災難がふりかかってきても、それを糧にできる・・・・ね。


田中裕子さん・・・・いいっ!
蟹江敬三さん・・・・いいっ!
この夫婦だけに焦点を当てても、また別の話がちゃんとできるくらい、
きっと 趣き深い関係であったでしょうね。


 ☆個人的感想

オカンが逝ってしまうシーンは、
義父(舅)が逝くさまを看取った記憶がダブッて、鳥肌がたってしまった。
最期のときって、当人の「考える」ってことよりも
「無垢なこころ」が出てくるのかな・・
お義父さんは、「家に帰るんだ・・」ってずっとおっしゃってました・・

そして、
大阪出身の私にとって、「オカン」という響きは、
とても切なく、胸が痛くなるものです。
そして、あたし自身も「オカン」のはしくれとして、
子供に、どんな姿を見せているんだろう・・?
そんなことも 考えさせられました。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
やすらぎの癒し系名言集
ページを更新するたびにいろいろな名言が現れます。どうぞココロ元気になりますように・・☆

presented by 地球の名言

このブログは・・
忙しいとかじゃないの、
ただ私はわたしなりに
生きているだけなの。
(ぷぅ語録)

私のプロフィールは
 ぷぅ☆プロフィール 
  ↑ こちらをクリック☆

ぷぅちゃん☆

Author:ぷぅちゃん☆

プライベートな記事をあげるとき 
パスワード設定にします。 
(カテゴリ「パスワード入り・プライベート記事」) 
ごらんになりたい方はご一報ください。
(存じ上げない方などはお断りする場合もあります) 
 

(注目記事)
*3月5日のゆずレシピ
*「子猫救急救助法」
*「みたらし団子のたれ・レシピ」
それぞれ クリックしてごらんになってください★  
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。