いきまっしょ~い!

いろいろあるさ人生は!笑いも涙も詰め込んで、行くがオンナのど根性!ムチャせず無理せず、さぁ~今日もいきまっしょーーぃ!! ※写真・同居嫁グチ・本・水どう・テレビ・ジャニ・・ 腐女子主婦です※

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画「BALLAD 名もなき恋のうた」 

さてこれは先週のレディスデーに見ました。
「BALLAD 名もなき恋のうた」
F1002459(1).jpg
公式サイトは → こちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは正直、最初は観るつもりはありませんでした。
剛くんは観たかったのですが、

「戦国版タイタニック」 
こんなこと聞かされて、行く気になれるかいっ!!
私は「タイタニック」すら観ていないんだ!

なぜなら

悲しい話・悲劇のエンディングは ホントーにイヤ だから・・

現実がつらいことが多いんだもの、
物語くらい うまいこといってほしい。

これが私の信念なのですよ・・・・


でも行った。映画館まで行った。きちんと観た。
なぜなら・・

テレビ朝日の特番
「黄金伝説特番
SMAP草なぎが挑戦・戦国時代生活の完全版!!
  草なぎの本気全部見せます!」
これを観てしまったから・・・・・(笑)

彼の天然っぷりと、
同時に 役者としての「いろんな顔」
それにとても魅力を感じたから、
「又兵衛」に 会いたくなったのです。


感想は
 ↓ 折り込みました。

悲劇だと知りつつ観る映画は座る時から気が重い。
ポップコーンも買い込み、
ふだんの特等席「中央ど真ん中」ではなく、
2席つながった隅の席を取ってもらいました。
油断してうっかり泣いてしまわないよう・・

*映画について

クレヨンしんちゃんの映画がもとになっているという情報は
一応知ってはいましたが、
どういう流れかはあまり知らない状態で行きました。

もうイイ「おとな」なので、

・戦国時代へ現代人がタイムスリップ
・現代人が現代に無事帰ってきて、
 いろんな想いを持って現代を振り返り、
 たくましく成長する
・・・・そういう話の「骨組み」は
映画数分でわかってしまうんですよね。
ごめんなさいね醒めてるオトナなのでね(汗)

だから、タイムスリップの「しかた」について
なんか曖昧だなぁ~っていうツッコミは
あえてしないでおきます (^^;)
(特に、真一くんの親が行くところは
 いやいや・・車ごとってそんな・・と思ったけど
 あえて!えぇあえて言わない!ww)
きっと・・過程より、
その時代に「行く」ことが大事だと思ったので。

戦国時代。
ただただ戦い、国を守り、戦うことで意義を見出す・・・・
そんな、現代人にしてみたら
「なにが面白いの?」と思われる空間に、
ぽんと連れて行かれた、真一はじめ私たち観客。

又兵衛はじめ、家族を戦争で失ったものが多い。
それは正直、ピンときませんでした。
申し訳ない、完全な「平和ボケ」です。

実際に、廉姫(新垣結衣)を巡る戦いで、
大倉井高虎(大沢たかお)と争いになったとき、
圧倒的に戦力が違う、とか、
どういうふうに戦っていくかとか、
戦争が夜になったらいったん終わって翌日に続く、とか、
正直、ゲームなどでよくある光景ではあるんだけど、
それらが

「ひとりひとりの生命」のうえに成り立っている
こんな 当たり前なことに気がついてからは、
戦闘シーンは 鳥肌がたって震えがくるほどでした。


映画公開前のインタビューだったかな・・
監督が
「家族全員で見られるように
 血しぶきが飛び散るシーンはやめました」
とおっしゃってるのを見ましたが、
わたしとしては、
胸など身体に矢が刺さり倒れこむ、
槍が身体に突き刺さる、
この光景だけでもじゅうぶん、
「戦争」という光景を表せていたと思いました。

最近はすぐナイフなどの刃物を持ち歩いてる人がいるけれど、
「武器が身体に刺されば死ぬ」、
この事実はわれら現代人はもっと考えないといけないと思います。

現代人の真一一家が
もっと手を貸せばよかったのかもしれません。
でも、それはきっと 解決にはならない。

又兵衛が決戦前夜に 真一に言うシーンで、

「愛するものを守るために戦うのが武士なのだ、
 だからいま私はとても幸せなのだ」

 というようなセリフがありました。

私はこのセリフに 画面が揺らぎました
 (涙が・・・・)。

こんな強い愛情があるでしょうか。
単なる男女の恋感情だけではない、
幼い頃から一緒に暮らしてきた仲間や家族、
それらも含めて「守るのだ」と、
その感情が、
「鬼の井尻」と呼ばれるほどの又兵衛の強さの原動力であり、
廉姫が 身分などを超えて惹かれた理由であると思うのです。


だから、ラストの「悲劇」は、
すっごく悲しいけれど、
でも 戦に勝ったという意味においては
「幸せ」であったのでしょう。
もう・・・・・ そう思うようにします!(涙)

逃げようがなかった、
ただ前に進むしかなかった 戦国時代。
その姿から、
現代に戻った真一一家が、
大きなものを得て 生きていくよう
祈りながら・・・・・
さぁ立とうかとバックを持ったところ


・・・・・するってぇと、
エンドロール・・・・・
これは・・・・・ (涙涙涙)
油断してました。
なんか・・
みんなが「生きていた証」の美しさ
これらが残っていることに嬉しさを感じつつ・・。

戦国時代にもたらされた
「ケータイ電話」や「ポラロイド写真」。
昔は当然 そんなモノはなかったけれど、
写真のように、心の中に 熱い想いを焼き付け、
電話のように、見えない想いを
 届くようにと 強く念じていたのでしょう。
その美しさが、随所に感じられた映画 でした。


※映画まだ観てない人へのとっておきネタバレ。 
   (↓反転させます!)

決戦前夜、戦に旅立つみんなのために、
真一のお父さんが、ポラロイド写真で
みんなの写真を撮ってあげるのです。
また、真一が持っていたケータイで、
又兵衛の 酒に酔った姿やら、
廉姫の姿やらを映してあげたりします。
決戦のとき、その廉姫が映ったケータイを
懐に入れて、又兵衛は戦に旅立つのです。
エンドロールでは、
そのみんなの写真やムービーが
1枚1枚並べられていきます。
生きていた証のように・・・・



*ぷぅ的ヲタ視点

草なぎ剛の姿にとにかくヨシ!

そして、
大沢たかおさんの姿も、これまたヨシ!

ただ・・残念ながら、
真一のおかーさん役に、夏川結衣さんが・・
そう、
「任侠ヘルパー」 晶さんです;;;;;
うーん、直後だけに、なんか・・ダブるー!
観てるほうがそうなんだから、
やってるほうはもっと複雑だったんだろうか・・??

キャストがどの方もとてもすばらしかったので、
普段の 春日の ほがらかな
 全体としての「家族のあったかさ」感もとてもよくて、
場内大笑いとなったところもいっぱいあったし、
逆に、戦争シーンでは、悲鳴のような叫びが
観客からあがっていました。
それだけ入り込めたのは
出演者のおかげだと思います。



-----------------------------------------------------------

あーんあんああんあん♪
まだ1作~映画感想文をかけてないんだよーん;;;;;

ご訪問・コメント ありがとうございます~m(_ぷ_)m
 応援ポチ よろしくお願いいたします!
(クリックして「ブログランキング」のページが出れば、1票投票したことになります)
お返事遅くなってごめんなさい、

そうなんですよ・・。
アニメ原作という「先入観」がちょっとありすぎたけど、
素直に、良い時代劇だと思いました。
うっかり泣いてしまった・・と思いつつ
周りを見ると、
みんな、目をぬぐってました ^^;
[ 2009/10/21 14:24 ] [ 編集 ]
コメント入れる ツヨシ担ですが(笑)

ありとあらゆる情報を叩き込んで行った私は(あーその通りだった)と安心して観てきました(オイッ)
中学生の時に、アニメ版を劇場で観た娘っちは、映画で初めて泣いたそうで。
今回、私もアニメを観て行ったのだけど、よくぞここまで忠実に実写化出来たもんだと感心しました。

ヤリは突かないで、上から叩く。
合図があったら、その日の戦いはあっけなく終了。
あの時代の戦いはそうだったらしいですね。


なんか、潔い生き方をしていたな~と思った。


ほな、またi-88
[ 2009/10/15 11:55 ] [ 編集 ]
うん、大沢さん、めちゃよかったよー!
ある意味、又兵衛と廉姫の「
いっけん分かりにくい情愛」より、
大沢さん演じる「高虎」のほうが、
理由付けがはっきりしてて、伝わりやすかったしね。

そうよ、気をつけないと、終わっちゃうよ?
ぜひ劇場で!
観客動員数にご協力よろしくお願いします!!!
[ 2009/10/14 15:35 ] [ 編集 ]
おはようございますー

そう、寒いし眠い・・
冬が来るのはイヤー (><。)

お互いがんばりまっしょーい!


[ 2009/10/14 14:12 ] [ 編集 ]
あっ・・そ、そうか、
そう思ってはる人が、いたんだ・・;;;
ごめんなさい、じゃあこれはかなりのネタバレ、ですね?;;;;

レンタルになったらぜひごらんになってくださいませ~
戦争のシーン、かなりいいですよ。
(どこまでがエキストラやセットで
 どこまでがCGかわからないけど)
[ 2009/10/14 14:01 ] [ 編集 ]
弟さんの「好きな台詞」ってなんなんだろうなぁ~☆

しんちゃんがどういうことを言ってたんだろうなぁって、
そちらのほうも気になります^^
しんちゃんもレンタルしてみようっと。(いつか・・;;)


あ、で、「あちら」の件は、
ほんとほんと、どうかお気にならさずー^^;
ちょうど「あった」もんですから・・
[ 2009/10/14 13:56 ] [ 編集 ]
こちらの作品もちょっと気になってたのー
大沢さんの演技が好きだから。
なので、最終のネタバレは見ないまま。
ぷぅちゃんの感想読んでると、ますます気持ち強くなってきた~
時間と調整だわ。でなきゃ、レンタルまで待つとします。
[ 2009/10/14 12:01 ] [ 編集 ]
おはよ^^

さむくなったぞぅ・・眠い~

さぁ!今日もいきましょい!!^^¥
[ 2009/10/13 06:29 ] [ 編集 ]
この映画、レンタル出来るようになったら
見ようかなっと思ってました。

ただ・・・・・・・・・

タイムスリップするのって、草薙君の
方だったんですね。
新垣結衣の方だとばっかり・・・・・
[ 2009/10/12 08:19 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/11 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
やすらぎの癒し系名言集
ページを更新するたびにいろいろな名言が現れます。どうぞココロ元気になりますように・・☆

presented by 地球の名言

このブログは・・
忙しいとかじゃないの、
ただ私はわたしなりに
生きているだけなの。
(ぷぅ語録)

私のプロフィールは
 ぷぅ☆プロフィール 
  ↑ こちらをクリック☆

ぷぅちゃん☆

Author:ぷぅちゃん☆

プライベートな記事をあげるとき 
パスワード設定にします。 
(カテゴリ「パスワード入り・プライベート記事」) 
ごらんになりたい方はご一報ください。
(存じ上げない方などはお断りする場合もあります) 
 

(注目記事)
*3月5日のゆずレシピ
*「子猫救急救助法」
*「みたらし団子のたれ・レシピ」
それぞれ クリックしてごらんになってください★  
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。