いきまっしょ~い!

いろいろあるさ人生は!笑いも涙も詰め込んで、行くがオンナのど根性!ムチャせず無理せず、さぁ~今日もいきまっしょーーぃ!! ※写真・同居嫁グチ・本・水どう・テレビ・ジャニ・・ 腐女子主婦です※

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「姑」地雷・ 

こういう話もどうかと思ったが、
自分自身の整理のためもあるので、書かせていただく。
 (↓昨日の記事の 「精神的ダメージ」はこれとは関係ありません)

---------------------------------------------------------------



同居のお姑さんが、今年2月終わりに、白内障の手術をした。
経過は良好、視力矯正したら 視力は1.2(!!) 私よりいいですはっきり言って
左目が失明しているため、右目だけが頼り。
先生もそのあたりを配慮してか、術後1ヶ月ではあるが、
メガネを作りましょうと処方箋をあげてくれて、さっそくニューメガネができた。
 (遠近それぞれ1個ずつ)

見えすぎるようになったため、
「目を使う」以上に「目に入ってきてしまう」てなカンジらしく
疲れることもあるようだが、
なにより見えるようになったのが嬉しかったらしい。
やたら細かいものが見えるようになってきて、
私へのイヤミも増えたが(どこそこが汚い・・てなカンジね)
まぁそれもご愛嬌、
元気が出てきたようで、家族としてもとても嬉しい 春のスタートとなった。

・・・・はずだった。


今朝。
旦那も含めて4人の朝食。
新2年生となった子供(タクミ)の話題で盛り上がる。
桜のニュースがTVで流れ、
「そういえば家の前の桜もちょうど満開だよね~」などと笑いあっていた。

・・・・すると 突然。
お姑さんが口を開いた。(それまでだんまりむっつりだった)

「タクミ、ばぁばね、
 ○○市
(近所の市街地) 一緒にタクミと遊びに行くのが夢だったの。
 でもね、もう、それもできない。
 本当に、残念だよ・・・・」


・・・・え???
いま話してたことと、どう関連があるんだ???
うちら3人は、きょとーんとしてしまった。

旦那がそうっと口を開く。
「いや・・別に、もう行けないとかじゃないでしょ・・
 目もよくなったし、気候もよくなったから、一緒に電車で行けばいいよ」

するとお姑さんははっきりと言った。
「いや ダメだ。
 あたしはもう すべて ダメなんだよ!」


なにも食事中にする話じゃないでしょ・・のど元まで出かかったけど ぐっとこらえる。

シン・・としてTVの音だけ流れる部屋に、
お姑さんがとうとうと話し出す、
それもなぜか、いつもよりハリのある声で。


目が見えるようになって、いろんなことが目につく。
庭もしたい、家もキレイにしたい、
でも立ってられない、最近はトイレも部屋移動も、歩くことが苦痛だ、
見えるようになって庭を見ても荒れ放題で ←実際こう言った
したいことは山ほどあるのに、なんにもできない、
それがつらくてつらくて、しょうがない・・・・



タクミは「ごちそうさまぁ」と席を立ってしまった。
大人のうちら夫婦にしたって、食べかけの食事を口にしていいものか迷う。
聞いてはいるけど、
それをどう処理していいのか、わからない・・・・


旦那は、もう何度と繰り返してきたことを、
もう一度言った。
「だから、ディケアっていうのがあるでしょ。
 きちんとした先生のもとで、歩行のリハビリもあるんだから、
 ここで素人どうしがアタマくっつけあったって何もわからないよ。
 おふくろは 要支援2で、ディケアも介護保険を使って受けれるんだから、
 目も見えるようになったんだし、話をすすめてみなよ。」



するとやっぱり、お姑さんの口からは
何度となく聞いてきたことがかえってきた

「それはできない。必要ない」


なんでできないんですか?
必要ないってどういうこと?
だったらどうしたいんでしょう?
単なるグチこぼしですか?
その場もわきまえず?


---------------------------------------------------------------

お姑さんの苛立ちも、寂しさも、孤独も、
たぶん うちら家族は よくわかってるつもりだよ。
だからこそ、私は
お姑さんに対するケアにおいては 手抜きはしたことないでしょ。

お姑さんがあたしにしてきたことに対する「あたしの感情」と、
お姑さんが元気になってほしいっていう気持ち、
別物だと思うからね。



去年、整形外科の先生に
「甘えるな」と叱咤激励されたこと、もうお忘れですか?



---------------------------------------------------------------

悩みじゃない、苦しみでもないけど、
「姑地雷」
時々こうやって「暴発」し、
うちら家族のテンションを 一気に奈落の底まで
叩き落すのだ・・・・



・・はぁ 落ち着いた・・・・
これでまた 笑顔になれる、かな??

ご清聴ありがとうございました
m(_ぷ_)m


[ 2007/04/07 11:41 ] 同居生活はや11年 | トラックバック(-) | CM(19)
今回の記事 およびコメントで
かなり 本音を言いました(書きました)
不快に思った方、
ドン引きされた方、
本当に申し訳ありません。

もちろん うまくいってらっしゃる方も大勢います。
同居が悪いとは言いません。
要は、それぞれの 人間の成長具合 だと思うんです。
「愛する人の親御さんだから」という言葉が、どれだけ 枷になり、傷つけ、苦しめるか・・
親御さんである前に、かりにも何十年も タイヘンな時代を生き抜いてこられた方のはずです。
若造が絶対勝てないもの、それは「経験値」だと思うんですが、
「学習能力」の方法をどこかで間違えると、とんでもないことになる・・
特に、数世代前の方々には多いような気がします。
私を苦しめ傷つけてきたのはお姑さんだけじゃないです。
近所の 「人の不幸を喜んで 自分の気持ちを癒してきた」人々・・
そういう方々を、ある意味「そういう手段しか取れなかった世代の方」と思えれば、
いや そう思える いまの自分は
少しは この10年で 成長したのかもしれません・・

「嫁」という なにか 便利マシーンのように思われることがまだまだ多い、
私は そういうことに対して
「マシーンじゃない
 心からお互い尊重しあい、お互い幸せになれるよう協力し合って生きたいという
 ちゃんとした ハートを持ってるんだ!」
と 反論したいです。
そして、そう反論できるよう、
日々の努力を怠らないようがんばっていきます。
もちろん、無理はせずに・・ね。


Don't forget to stop and smell the roses!
(訳:息抜きすることも忘れないで!)

[ 2007/04/09 23:17 ] [ 編集 ]
v-341あはは、実はこの同居生活で、もっともっともーーーっと
つらいことやひどいこと いっぱいあったんですよぉ~!

その時に家出しなかった・・いや、できなかった自分は、
もういまさら家出はできないですね。


てかなにより
私が出て行く理由がない。
私が逃げ出すことはなにひとつない。
だって間違ってることも、至らないことも絶対ない、
それだけのことをしてきてるし、自信もあるからです。


今はだから
ガチガチあたまの姑さんと
まだまだ介護に対して甘っちょろい考えの旦那を
どうもっていくか、
そっちに尽力していくつもりです。


もちろん 無理せずに、ね v(^^*)
[ 2007/04/09 23:01 ] [ 編集 ]
v-341キレはしなかったが・・
たぶん、怒りの青いオーラはじゅうぶん出てたと思う。
なにより、キレるわけにはいかん、ちび介(子供)の前ではな。

そのうち、私よりも ちび介がキレると思う、お姑さんに対して。
その時、私がうまくフォローできるか、自信がないんだよ、
100パー、ちび介と同意見だと思うからね。
てか姑さんの言動がおかしいんだけど。
[ 2007/04/09 22:55 ] [ 編集 ]
v-341「ディサービス命」 おぉ明るいっv-281
そうですよね、そんな日がきてほしいですね、
毎日楽しそうに生きてる姿を見られたら
私はいまの100万倍 幸せです・・
[ 2007/04/09 22:52 ] [ 編集 ]
v-341「せっかくの料理がかわいそう」ってことばが
ルナさんらしいなぁって思いました。
ほんっとそうだよね。
3食満足して食べれてることに 感謝もないんだよね、
「当然のこと」なんだよね。
なんか・・ お姑さんからは 「感謝」を感じることが まったくないんだよね。
なんなんだろう・・・・
現状を認めたら・受け入れたら、もっと楽に・幸せを感じられるのに・・

・・・・もう、そんなことを、諭す気持ちすら ないけどね。
そうするには 私はもう あまりに多く 傷つけられすぎてしまった。
怒らないだけマシだよと思っている。
あの人は
「私が黙ってやってるから あんたらは自由に暮らせてるのよ!」
って気でいてるけどね。
それがコワイねん・・ほんっま・・・・
[ 2007/04/09 22:50 ] [ 編集 ]
v-342おぉ・・
その文章、手紙に書いて、うちの姑さんあてに送ってやってくれませんか? いやマジで

結局は「井の中の・・・」なんですよね。
自分で寝起きできて、
食事の準備も上げ膳据え膳で (全部わたしがやってるから)
かわいい孫もいて、
金も一銭も使わず生活できて、
なにが不満なんだと。

お舅さんが亡くなったら「すべてが勝手な人だった」と愚痴り
嫁の言動を一切合切「私が我慢してやってるから自由にしてられるんだ」という目で見て
白内障になったら 見えないものだからすべてを猜疑の目で見て
さぁいざ手術で見えるようになったら「動けない自分が忌々しい」と・・

「いまあること」に感謝する
この気持ちがないと、
どれだけ金持ちになっても
どれだけ元気になっても
ぜんっぜん 幸せになんか なれないね。


はぁごめんよシュールさん
でもありがとう
からんでたタンみたいのが取れたカンジがするよ。
[ 2007/04/09 22:45 ] [ 編集 ]
v-75ご、ごめんなさい、順番間違えちゃった・・(寝てごまかす、の図)

いやーその切り返しは、新婚当時・同居当時レベルのかえしだな~
そんなの通じないですよー!
てかそんなのはもう今までに 100万べん 言ってきました、
緩急いろいろ工夫して、前向きになれるようなことも言ってみました、

でもね
私の言うこと(返事やかえしも含めて)なんて 聞いてないです
そもそも期待もされてないです
だって向こうは 自分の不幸自慢をしたいだけなんだから!
嫁の言葉は全部「反抗」「口答え」としか受け取られないんだから!


せっかくおっしゃっていただいたのに申し訳ない、
でもこれが事実なんです。
[ 2007/04/09 22:31 ] [ 編集 ]
本来は個人的にお返事のみなんですが
印象的な言葉がありましたので、あえて書かせてください。

>甘えられるってことは自分が受け入れられてるってことなのに、それに気づいたら…
・・・思わず涙が出ました。
そうなんですよね。
ほんっと、それってすごいダイジなことなんですよね。
それに気づかず、人を非難し、自分を悲観するしかできない、うちのお姑さん。
この同居生活10年、その「鉄壁」がまったく崩れません。
なにを言っても通じません。
こんな寂しい人間ってないよなぁ・・ それがとても哀しいです。

>そのマイナスの力に引っ張られないように、気分転換してくださいね。
ありがとうございます。
最近は少しずつですが、いろんな気分転換も覚え、強くもなってきました。
ネット(ブログ)も大きな役割のひとつです。
よければこれからもおつきあいください。
楽しい話も、これからどんどん 載せていきますんで・・

本当にありがとうございます。
[ 2007/04/09 22:25 ] [ 編集 ]
v-341得意な人は確かにいないですよね・・v-356
けっしてあたしは偉くはないんですよ、
そして 特別でもない ってことなんですよ。
そしてきっと、お姑さんみたいな人も、特異じゃないんですよ・・
年齢を重ねると、やはり、その人の人生の総決算みたいになるのかなぁ・・

あまり こういう話をブログで書くのもどうかな~・・とは思ったんですが
こういう事例から 少しでも「反面教師」になればいいかな、と思ったのがひとつ、
今後の日本「高齢化社会」において、こういう事例はそのうちあちこちで見られるようになるかもよ、というメッセージもひとつ、
今後あるかもしれない「自宅介護」の実態と、介護人という姿がいかにタイヘンかを、あますところなく見せたいというのがひとつ、
そしてなにより、
自分自身の中で溜めていると、自分自身も、家族も破綻してしまうから
それだけは避けようという「逃げ口」の意味合いがあります。

よければおつきあいください。
もちろん 暗い話にならないように、笑いは入れていきますから・・
DNAの「大阪人の血」は まだまだ健在ですから・・
[ 2007/04/09 22:19 ] [ 編集 ]
大変ですね

私ならきっととっくに切れて家出してます(>_<)

優しいんですね
だからついついお姑さんも甘えちゃうんでしょうね
病気になると余計にね

無理せずにね^^
[ 2007/04/09 22:13 ] [ 編集 ]
v-342そうなんですよ・・ちび介の前でされるのが一番たまんないです。
しかも、わざわざちび介に「だけ」 グチを聞かせてる時とがあって、
そんな時は
ゴーインに話の腰をベキリと折ってやります
てめぇのうっぷんを子供で晴らすな!
くるならこっち(あたし)のほうにきやがれってんだ こんにゃろー!
←長州小力風
ってことなんですよ要はね・・
[ 2007/04/09 22:12 ] [ 編集 ]
まさに地雷i-193メシの最中にそんなこと言われたら、気の短いワシ、きれるよi-191
[ 2007/04/09 15:02 ] [ 編集 ]
我が家のジー痔もデイサービス拒否型でした

しかーし、入院の後は入浴介助が出来ないからとの理由で強制的に通所してもらいました
最初は、嫌々通っていたデイサービスも今ではデイサービス命(ぷっ)
毎日楽しみに通ってます

まぁ 近所からは通わせる回数が多すぎるとか思ってるみたいですが
自分の精神的負担を考えると噂はスルーするようにしてます

そんな時期が早くくるといいですね
[ 2007/04/09 10:33 ] [ 編集 ]
またですか・・・il||li _| ̄|○ il||li
最近は落ち着いてきたと思っていたのにこの発言ですか。

タクミくんと一緒に行きたいという夢があるんだから頑張って欲しいものです。
そんな簡単に諦めないで欲しいです。
家族が助けてくれるんですから諦めないで欲しいです。
本当に食事中にこうゆう話はやめて欲しいですね。
せっかく作った料理がかわいそうです。

落ち着きました?
また笑顔で乗り切っていきましょう。
p(´∇`)q ファイトォ~♪
[ 2007/04/08 23:44 ] [ 編集 ]
お姑さんも身体的な苦痛を抱えているばかりに
余計に体がままならないことに苛立ちを覚え
場をわきまえない言葉をクチにしてしまうのかもですね。

病気は 「ともだち」にはできないけれど、
付き合わざるをえない「身内」だから、
考え方を切り替えて 前向きになる努力が必要です。

「要支援2で 介護保険にかかれる、デイケアも受けられる」
という保障もあるのに 「それは要らない」というのは
よりごのみしすぎっす。(言い方きつくてごめんなさい;)

タクミちゃんと遊びに行きたい、というのが真に強い望みなら、
病気なんかに負けずに 家族のバックアップを受けて
がんばりましょうよ。
[ 2007/04/08 23:13 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/04/08 21:06 ] [ 編集 ]
(ゆっきぃさんの真似です)
あのね こんな事にめげないで
まともに受け止めたら疲れますよ
  「一緒にタクミと遊びに行くのが夢だったの。
  でもね、もう、それもできない。
  本当に、残念だよ・・・・」 

なんて云われても
「夢で終わって良いんですか?お母さん!
  タクミも同じ夢を画いているのですよ
  だったら二人でいえ家族でそれを現実にしましょ
  がんばりまっしょい!!」

なんて切り替えしたらどうでしょう
 「荒れ放題の庭・・・」

 「自然派の庭つくりしてますのよ お母さん!!」
とすっとぼけましょう

[ 2007/04/08 17:41 ] [ 編集 ]
なんだかなぁ~(^▽^;)
こういった話をして、自分に気を引かせたいんだろうかぁ・・・
私ダメだなぁ、こういう人(苦笑)って、得意な人いないか!(笑)
ぷぅちゃんさん、エライですね!!

笑顔が一番ですね♪頑張ってくださいね(^-^ ) (^-^ )
[ 2007/04/08 12:56 ] [ 編集 ]
食事中に、しかも子供の前でする話じゃないですね。
食べてるご飯もどうしたもんか…
美味しくなくなっちゃいますよね。
もうちょっと考えて欲しいですよね。
いい大人なんだから…
桜が咲いてるのにテンション下がっちゃいますね。
でも笑顔が一番!
笑顔で桜を見て、ちょっとでもテンションあげてくださいね。
[ 2007/04/07 23:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
やすらぎの癒し系名言集
ページを更新するたびにいろいろな名言が現れます。どうぞココロ元気になりますように・・☆

presented by 地球の名言

このブログは・・
忙しいとかじゃないの、
ただ私はわたしなりに
生きているだけなの。
(ぷぅ語録)

私のプロフィールは
 ぷぅ☆プロフィール 
  ↑ こちらをクリック☆

ぷぅちゃん☆

Author:ぷぅちゃん☆

プライベートな記事をあげるとき 
パスワード設定にします。 
(カテゴリ「パスワード入り・プライベート記事」) 
ごらんになりたい方はご一報ください。
(存じ上げない方などはお断りする場合もあります) 
 

(注目記事)
*3月5日のゆずレシピ
*「子猫救急救助法」
*「みたらし団子のたれ・レシピ」
それぞれ クリックしてごらんになってください★  
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。