いきまっしょ~い!

いろいろあるさ人生は!笑いも涙も詰め込んで、行くがオンナのど根性!ムチャせず無理せず、さぁ~今日もいきまっしょーーぃ!! ※写真・同居嫁グチ・本・水どう・テレビ・ジャニ・・ 腐女子主婦です※

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お姑さんの「たっち」 

そうそう、記録のためお話させていただきます。
とてもとても 嬉しかったことなので・・

ちょこっと書きましたが、
昨日、お姑さんのもとに、
介護保険の認定のための、審査をされる方が面接に来られました。
私も付き添いで横にいました。


現在、お姑さんは 介護保険の「要・支援2」です。
これは、
「自分で身の回りのことはできるけども、やや生活に支障がある」とかいう区分です。
自分で身の回りのことができなくて まわりがするようになったら
「要・介護」になります。

そういう意味では、現段階のお姑さんは「要介護」にはなりえません。
時間はかかりますが
布団のあげおろし・自分の衣類の洗濯・入浴(しかもうちは風呂場が地下にある)
自分の8種類(!)の薬の飲み分け・電話の応対や通話・トイレ、
全部 ご自分でなさってます。
白内障の手術を終えてからは、午前中、庭を数十分かけて歩行の練習を自主的になさってます。
文句のつけようがありません。
唯一難点なのは、足の筋力が落ちてしまっていて
なにか持たないと自分の体を支えられなくなっていることです。

審査に来られた方は、さまざまな質問をされました。
自分の名前・生年月日・住所が 口頭で言えるか、
↑いま書いた行動を 自分でできるかどうかの質問、
そしてどれくらいの歩行力があるか、トイレや廊下を歩かされました。
私はせいぜい 後ろに立って すぐ手を差し出せるようにしてるくらいです。
そうなんですよね、こう考えると
お姑さんは「まだまだ現役」なのです。
「足さえなんとかなったら・・」と歯ぎしりをする気持ちが
痛いほどわかります。
まだ75歳ですもんね。寝込むには早すぎる・・

だいだいのチェックは終わりました。

その時、こういう質問がありました。
「現在、介護サービスはなにか受けてますか?」

週2回、自宅にマッサージ師が来てくださって、全身マッサージをしてくださってます。
ただ・・これは、リハビリとか、トレーニングとかではないんですね。
いわば、温泉街で全身マッサージしてくれる「あんま師」、そういうレベルです。

ここで、お姑さんが話し出しました。

「いま、自力で毎日少しでも歩いていますけど
 とにかく こけないように!っていうのがあって
 すり足なんですよね。
 だから、しっかりした歩き方とか、
 安心して歩く練習ができるよう、
 できれば どなたかに見ていただけるような
 そんなサービスを受けたいんですが・・・」


・・・・おおおおおおおっ!
私は内心、ガッツポーズでありました。
実は先週、市役所に、介護保険の更新の申し込みをしに行った時に
「要支援・保険外と言われた方へ」という パンフレットをもらってきてたんですよ。
そこには 「自力で動けるように」といったような、
現在受けれるサービスや、日々の生活などの心得などが書いてありました。
息子であるダンナや、憎っくき嫁の私のアドバイスなんか聞きゃしない、
それはよくわかってたので、
そのパンフレットを 他の書類と一緒にさりげなく混ぜて 渡しておいたのです。

「自分で やりたいと 申し出ること」 そこに大きな意味があります。
言われたから、とか、強制されて、では、あとあとよくない。
「言われたから仕方なくやったんだ・・」っていう逃げ道や甘えになってしまう。

特に、バリバリのプライドがあるお姑さん、スタートがそれでは結果も出ないと考えました。

白内障の手術だって(症状の悪化もありますが)自分からやりたい、と言い出すよう、暗に暗にもっていくようにしたのです。
手術後、もしかんばしくなかった時に「よくなるって言うからしたのに・・」なんていうことになったら、結果的にお姑さんが行き詰ってしまう・・
うまくいって視力が回復したなら、自分からやろうと言った場合だと、「自分が成し遂げた!」っていう達成感が、前向きな気持ちを起こす・・
すべては、お姑さんが、前向きになってもらうための
「陰からの指針」です。


今後、かかりつけの先生からの診断書も加わって、
近々、介護保険の認定がされるでしょう。
(8年前に「脊柱間狭窄症」で手術しているお姑さんは、
 指定病名に含まれているので、介護保険の対象になるのです)

そして・・
今後、なんだかの形で、リハビリ・トレーニングの手段が
取られると思います。


私は・・
心から応援していきます。
お姑さんが、いろんな意味で
「自力」で 歩いていくことを。


お姑さんの幸せそうな顔を もっともっと 見たいから。


-----------------------------------------------------------

・・・・ながくなりましたね・・
ウザい話になったかも?ですので
後日 非公開にしてしまったら ごめんなさいよ。

それでは急用ができましたのでこれにて・・
この週末は、町内会のイベントが目白押し、
スタッフとしてはあたふたします。
応援してやってください (^^;


------------------------------------------------------------

ブログランキングに参加しています
今日もポチッ☆と よろしくお願いしま~す
 m(_ぷ_)m

(クリックして「ブログランキング」のページが出れば
      1票投票したことになります)
[ 2007/04/13 09:17 ] 同居生活はや11年 | TB(0) | CM(30)
ううん、ぜんぜんダメなんかじゃないよ!
いろんな形があると思うんですよ~、
ふたりが幸せであることが、親孝行になってるんだと思いますよ~

でも、ほらね、いけなくても、電話とか、手紙とかでもじゅうぶんできるから☆
今日、もしよかったら、1本電話してあげてみたら、どーかなぁ??
(*^^*)b
[ 2007/04/17 14:53 ] [ 編集 ]
ぷぅちゃん、いろいろ大変だねぇ(まぁ、ありきたりな言葉!)
えらい!です。
尊敬します。
うちのお姑さんも実は10年近く前に圧迫骨折して
それから腰が曲がってしまい、長時間立ってることができないので
外出はできない体になってしまってるんです。
でも、同居してないし、お舅さんが元気なのをいいことに
普段もあんまり何もお手伝いしてません。
ぷぅちゃんの話を聞くたびに恥ずかしくなります。
ダメだなぁ・・・私。
[ 2007/04/16 11:12 ] [ 編集 ]
ははははは・・
たまにかよ!(大笑い
いえいえ ありがとうございます お越しいただいて・・(本気

そそ、一歩一歩なんですよね・・
どんなことでもそうだと思うんですけど、
一気にピョーーン!は ありえない・・

てか
たけのこ まだ採れないんだけどさ、
なんかたけのこっつったら、348tbさんを思い出すなぁ、と(苦笑)
去年と比べて、
348tbさんは どうですか?
3歩くらいは、いったかな??
[ 2007/04/16 06:49 ] [ 編集 ]
お二人とも一歩ずつ前進してますよね!
その調子で!
[ 2007/04/15 23:52 ] [ 編集 ]
そうですよね・・ペッカーさんも頑張ってらっしゃるのに、
私はたかだか11年、スタートラインに立つための列にやっと並ばせられた!と言って騒いでるだけ・・
でも そうなんです、まだまだこれからなんです、
本当の介護はまだ始まってもいない・・
今のうちにうんとうんと強くなっておきたいんです!
[ 2007/04/15 22:11 ] [ 編集 ]
そうですよね・・むさこさんには、沁みる話ですね・・ごめんなさい。
でもね、むさこさんはじめ、介護に携わる方々の話を聞いて、
私がどれだけ考えさせられ、またチカラになったかわかりません。
さっき別の方へのコメントでも書きましたが
11年かかったんですよ・・ほんっとね・・
こう書いてるだけでも涙が出てきます。
もちろんお姑さんの「性格」「考え方」「性根」なんてーのはもう変わらないです。それはつくづく感じました。
でも、止まってしまっては、いい方向にいかない・・
もし傷つけてしまう発言になったら本当にごめんなさいですが、
どれだけ嫌いだとしても、
しなかったとしたら、絶対将来後悔するな、
と思ったんですよ・・
ぶっちゃけ、お姑さんやかぃ ほっててもよかったのかもしれない。
現に(むさこさんはよく知ってるかもだけど) 私はお姑さんにむちゃくちゃ言われて、ひどい目にもあって、あたしの体はストレスでボロボロで・・
ある意味それでも 家を出たりできなかった・逃げられなかった現状で、
相手の本質が変わらないんであれば、こちらが、広い意味で「変わる」しかなかったんですよ・・
たとえば、嫌味や言動を 「受け流す」という技とか。
心からのアドバイスを「よけいな口出し」と言われるのであれば
日々、ちょっとずつちょっとずつの会話で
「こう思えばわりとイイカンジでいけますよね」とか
「言われる」と思わせないように 情報を刷り込んでいくとか・・
そしてそれは、わたしひとりではできえない。
広い意味で、家族の協力が必要なんです。
家族が、同じベクトル(方向性、というか)でないといかんのです。
そういう意味で、むさこさん宅は
義姉さんたちのあの無神経ぶりには 正直絶句します。
なにより自分の親なのに・・

お返事になったかな?
でもまだまだこれからです
状況は違えど、むさこさんも私も、まだまだスタートライン状態です。
お互い、くれぐれもカラダには気をつけていきましょう。
先は長いのです。
[ 2007/04/15 22:04 ] [ 編集 ]
あはは・・えらくないですぅ~e-263
「守護霊」かぁ・・言い得てる気がするなぁ~
確かに なんだかんだ言っても 常に気にしてるし 目を配ってるから・・
ある意味 実母より 気をつかってますよ(苦笑)

[ 2007/04/15 21:21 ] [ 編集 ]
そうです!本当に「光」ですねー!ご自分が決意された、ってことが重要なんですよ~
>やっぱりお姑さんもどこかでは分かっていたんでしょう
・・そうなんでしょうね、きっとね・・
でも 憎っくき嫁や長男(旦那)に言われたから、というのは、
なんかおもしろくなかったんでしょうね・・
パンフ作戦はなかなかよかったんじゃないかと思ってます(自画自賛)
[ 2007/04/15 21:17 ] [ 編集 ]
うんうん!
ご自分で決意されたことだからね、
そうそう諦めないだろうし、頑張れるんじゃないかと思うんです!
これから 「かわいいおばぁちゃん」になってってほしいですね!
[ 2007/04/15 21:13 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
m(_ぷ_)m
栄太郎さんにはいつも励ましてもらってます。
先日の ドン詰まりの時に 一光を示してくれたのは榮太郎さんですよ(本当にこれはマジで)
言い尽くせないくらい感謝しています

てか あたしは優しくないですよー!鬼嫁ですよー!
お姑さんの意に反した言動をしてますからね
昔、お姑さんに言われたことありますもん、
「うちらはね、お舅さんやお姑さんや主人が
 白のものを黒と言ったなら、
 たとえ自分が白だと思っても、黒だと言って 従ってきたんだ!」

とね・・

ではお礼に、
我が家の「将来イケメンコックさん」に、作製依頼をしておきましょう(笑)
[ 2007/04/15 21:11 ] [ 編集 ]
うん良かった(;ω;)
てかホンマに泣けてくる・・困ったe-263

いや、表立って言えるってことはいいことなんだよ。
直接でダークに言ったりやったり、とか、
陰湿にしてる人、ゴマンといるよ世の中は!

ブラックやブルーを自虐的でも公開できること、
ワンクッション置くからね、
冷静になれるんだよ。

ある 介護をしている人から聞いた話だけどね。
「私、この人キライなんで、あんまりできませんけど
 よろしくお願いします」って言ったらね、
「あぁそう言ってる人は逆に安心です。
 そう言えない人がね、介護虐待とかするんですよ。」
って、院の方に言われたそうです。

容認・・てわけじゃないけど、
発散はダイジだと思います。うん。


でも長かった・・・
ここまで 11年 かかったよ・・・・・
ホンマ マジで泣いてる!!! 
[ 2007/04/15 15:40 ] [ 編集 ]
おーひーさーーー!
字面見てあまりの懐かしさに叫んでしまったよー
いいよ、あたしゃ逃げないから、ここでこうしてるから。
いつもどおり、凹んだり浮かれたりヲタクだったり(笑)するから・・

また、じっくり来てくレヨン♪
[ 2007/04/15 15:34 ] [ 編集 ]
いえいえいえ、なかなかじゃなくて、
誰にも早くくたばってほしいとは言いません!
いろんなことを学ばせてもらえますからねー

のんたさんは、たぶん、
一番私が お姑さんに対して荒れてた時期をご存知の方だと思うので・・
 (そう考えると、おつきあい長いですね、ふふふふっ)
どうでしょう?
あたし ちょっとは成長したでしょうかね???
[ 2007/04/15 15:32 ] [ 編集 ]
 ペッカーの連れは障害者 1級ですが「ベットで寝ている」で
布団の上げ下ろしは対象外で医療費の免除とJRが半額と
自動車税が得する位ですv-433
面倒を見てもらう人って、体が動かない代わりに、「口が好く動く」と思いませんか?
 看護人もたいへん辛い事有ると思います、立腹しない様、
笑顔で接する様に僕は心がけてま~す。、
[ 2007/04/14 22:38 ] [ 編集 ]
にたっ^^
・・そうだね、まだ自分自身の心の問題があるけれど、
お姑さん問題に関しては、
やっと、スタートラインの前に立ってくれたかな?てカンジです^^
[ 2007/04/14 17:53 ] [ 編集 ]
うん、そうなんです、一歩一歩・・
進めていく時間じゃないんですよね、
「進んでいく」ことが大事なんですよね・・
私もね、大事なことは見失っちゃいけないなと思ってね、
日々成長です。
ちび介とお姑さんと、ふたり「子育て」してるみたいです(笑
ちび介のラクなことラクなこと(笑
[ 2007/04/14 17:50 ] [ 編集 ]
おぉ・・電話でくるんですねe-263それもコワイっすねe-263
私も今期はいろいろやろうと思っています。
「井の中の蛙」になってはいかんと思うので・・
お互いがんばろう!
ここに来て、笑ったり、ツッこんだり
いい気分転換していってもらえたらいいな。
そんな場所になれるよう 上を目指していきます☆
[ 2007/04/14 17:48 ] [ 編集 ]
口が悪い・・あはは、いやいや そうやって「前に出せる」方っていうのは、結果的にいいですよ!
私はそう思います。
自分に対して口悪いとムカつきますけど・・笑

「年寄り」っていうか、こう・・傷のなめあいみたいな?
「昔はよかった・・」的な?
そういうのに混じりたくない、って思える方は、元気な証拠だと思います!
人をひがむことしかできないんじゃなくて、
自分をしっかりコントロール(気持ちをね)できる方だと思うので・・
[ 2007/04/14 17:46 ] [ 編集 ]
お姑さま・・・現役ですものね。
自分で歩いて行けるし、プライドだってあるし・・・
本当に良い方向に向かっているようでわたしまで嬉しく思います。
本当に・・・
この期間がとても大切な時間で、この後の状態が良くもなり悪くもなります。・・・ように思います。

もう・・・
我が家のお義母さんには望めない時間です。
「あの時にもっと強く出ていたら・・・」と時々思ってしまいます。今、動かない動けない姿を見るとね。
お義姉さんたちは何を思っているのか知りたい気もする・・・


自分の足で歩いて自分の意思で動く・・・
年老いても自分のことは自分で行う。

揉めるだけの我が家にはホトホト嫌気がさしますよ。

ぷぅちゃんさまもお姑さまもガンバ~。
[ 2007/04/14 10:09 ] [ 編集 ]
ぷぅちゃん☆さんは ホントえらい人だ~っ! 
守護霊みたいな 心くばりに 感動しました~☆
[ 2007/04/14 09:03 ] [ 編集 ]
光が見えてきましたね。ぷうちゃん☆さんのお気持ちが実を結んだのですね。やっぱりお姑さんもどこかでは分かっていたんでしょう。やりましたね(^^)
[ 2007/04/14 08:18 ] [ 編集 ]
わ!すごいすごい!
自分で考えて、そう言ったんですよねー。
これから先、幸せな顔がいっぱい見れるといいですね♪
[ 2007/04/14 00:20 ] [ 編集 ]
本当にぷぅちゃんさんは優しい うん うん
なかなかできることじゃないですよ
なかなか思えることじゃないですよ
うん うん すばらしい!!
姑さんも頑張りましょう 
ぷぅちゃんさんも頑張るのよ!!
応援してますから・・・ごめんなさい応援しか出来なくて

↓餃子美味しそう
今度お子さんに「榮太郎おしさんの分も作ってあげてね」って話しておいてください 
[ 2007/04/13 22:33 ] [ 編集 ]
本当によかったね。
自分からやりたいと申し出てきた時のウレシサ・・・。
すっごいよく分かります。
何にも言ってくれないと何をどうすればいいか分からないですもんね。
陰からよく支えましたね。
イイお嫁さんだ(ノд・。)

どんなに憎い姑でも、ずっと元気でいて欲しいものですよね。
ずっと笑顔でいて欲しいものですよね。
その割にはあんなダークブログ書いているんだけどね(;・∀・)
[ 2007/04/13 18:35 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/04/13 16:31 ] [ 編集 ]
久し振りの訪問です。が、相変わらず陰に日向にぐわんばっておりますな。のんた奴も片目は白内障手術しましたが、すこぶる快調です。ただ右と左で見える色目が少々違うのが難点デス。のんたを含め現代の年寄りはなかなか、くたばらないのがこれ又難点ですね。
[ 2007/04/13 15:25 ] [ 編集 ]
希望の光! ギラッ!!
徐々に陽気とともに、元気もうなぎのぼりやね^^
[ 2007/04/13 14:42 ] [ 編集 ]
一歩ずつ歩いていってくださるといいね!
良かったねぇ~。ぷぅちゃんも嬉しかったねぇ~♪
暗い顔は、お互いにしんどいもんね!!
[ 2007/04/13 12:44 ] [ 編集 ]
おお~っ、光が見えてきましたね。陰からの支援、できそうでなかなかできることじゃありません。お姑さんは幸せ者です。
私も新学期早々、上の子の担任から電話かかってきて、学級委員任命です。子どものスポーツでも役当たってるし、いろいろお忙しです。がんばりましょうね。
[ 2007/04/13 11:42 ] [ 編集 ]
実家の父も《要介護2》ですが杖をつきながら毎日近くの公園へ散歩に行ってます
ただ今、76歳
本人はまだまだ若いつもりのようで、《老人会》とかは嫌がります
「あんな年寄りが行くところには行かない」って言ってると聞いた時には思わず笑っちゃいました^^

自分ことは自分で時間がかかってもやってます
いいことですよね~

ただ、口が悪いのが難点ですが
それも元気な証拠なんですよね^^
[ 2007/04/13 11:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
やすらぎの癒し系名言集
ページを更新するたびにいろいろな名言が現れます。どうぞココロ元気になりますように・・☆

presented by 地球の名言

このブログは・・
忙しいとかじゃないの、
ただ私はわたしなりに
生きているだけなの。
(ぷぅ語録)

私のプロフィールは
 ぷぅ☆プロフィール 
  ↑ こちらをクリック☆

ぷぅちゃん☆

Author:ぷぅちゃん☆

プライベートな記事をあげるとき 
パスワード設定にします。 
(カテゴリ「パスワード入り・プライベート記事」) 
ごらんになりたい方はご一報ください。
(存じ上げない方などはお断りする場合もあります) 
 

(注目記事)
*3月5日のゆずレシピ
*「子猫救急救助法」
*「みたらし団子のたれ・レシピ」
それぞれ クリックしてごらんになってください★  
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。