いきまっしょ~い!

いろいろあるさ人生は!笑いも涙も詰め込んで、行くがオンナのど根性!ムチャせず無理せず、さぁ~今日もいきまっしょーーぃ!! ※写真・同居嫁グチ・本・水どう・テレビ・ジャニ・・ 腐女子主婦です※

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ありがとう、オカン」 

久々に じっくりと腰を据えてドラマを観ました。

関西テレビ放送開局50周年ドラマ
「ありがとう、オカン」
  公式サイトは こちら ending1.jpg
                    ↑新聞の広告より (ボカしすぎてよくわかんない

おもっきり長くなったので
折り込みました

 


このドラマの軸は 「親」 がテーマなんですが、
メッセージのひとつとして ↓これがあると思います。
ラストのワンカット・・
ending.jpg (TV画面を撮影)
「現在、児童擁護施設にいる子供は約3万人。
 約560ある施設はどこも満杯に近く、
 厚生労働省は里親制度を推奨。
 9.4%の里親委託率を15%まで引き上げることを目標としている」


里親のオカン(大竹しのぶ) を通して、
「親は血がつながってないとあかんのか?」
「親ということはどういうことなのか?」
「親が子供に与える影響(トラウマも含めて)」
「子供を育てるということはどういうことか・・?」
・・・・
こういうことをふんだんに盛り込んだドラマになっていたと思います。

関ジャニ∞のメンバーが選ばれたのは
私の推測ですが

*里子の複雑な心境を表す演技をきちんとできること
*付け焼刃の関西弁でどっちらけにならないこと
というところから、単なる人気取りの人は使わなかったと思われ、
 (ちなみに 戸田恵梨香ちゃんも 兵庫県灘区出身)

*親ということ・里親制度・・ などというテーマを
 若い子にも観て知ってもらえるようにした

・・・・などではないかなぁと・・・・

確かに もう20代後半のふたりの学ランは萌え笑いました。
でも、どんどん深刻になっていく内容で、
とっても複雑な心理を出すという意味では
かなり感情移入しやすかったです。

よくよく見ると、
特に 幸也(渋谷すばる) の場合、
シャイだっていうのもあって、
心理説明のようなセリフがなかったんですよ。
彼の苦悩は、実父に暴力を振るわれていたことがトラウマであって、
自分が親になろうとしている時に、
自分もそうなるんじゃないかっていう不安が大きくあって、
でも、オカンにうまく言えなくて・・ っていうところを、
子供の記憶のフラッシュバックと 苦悩の顔、ってだけで
示していましたから。

オカンと、今は亡きご主人ともども、親との縁が薄くて、
だからこそ、少しでも多く子供の面倒を見てあげたい・・
そういう思いで頑張る姿。
里子のトラブルを 体当たり&大きな心で受け入れる。
徐々にココロを開いてく姿は、
実親だってここまでできる親はいるだろうか・・??
と考えさせられました。

そして、里子はみんないろんなトラブルを持ってやってくる・・
これが一番見ていてつらかったです。
父親が亡くなって 母親が行方不明、という虎太郎(村上信五)。
チビたちは 親が家にいない、とか、
目の前で金銭トラブルから父親が刺されて・・ という「あっくん」。

実は、私の近所にも いわゆる「施設」があるんですね。
学区が同じなので、学校内に 施設で暮らす子供さんも大勢います。
詳細は知りませんが、いろんな話は聞きます。
それぞれ、親と離れなければいけない事情。
無邪気にはしゃぐみんなを見るたびに、
どの子にも将来の大きな幸せを、と 祈らずにはおれません。

そして、この施設も 数年前から、
里親制度推奨により? 新規の子供さんをとらず、
市内のあちこちに 引き取られ始めています。
いずれは 施設廃止、だそうです。
どっちがいいんだろう??とも 思うのですが・・
市の財政とかなんとかって、そういうの どうなんだろうって・・


ドラマでは、
実親が現れて、なんとか守りたい・・とする虎太郎(村上信五)。
何も相談しないまま、どんどん距離をおいていく幸也(渋谷すばる)。
実の娘(戸田恵梨香)からも「いままでずっとつらかった」と非難され、
あげく、生活の糧である工場も、
低コストの外国製におされ、つぶれることに・・
自信を失ったオカンは 工場を売りに出し、里親もやめることに・・

このときの、あっくんとの別れが泣けました。
「オカン、って呼ぶから・・
 だから、お願い、ここに置いて?」
「・・・ごめんな、あっくん」
「なんで?なんで?
 ピーマン食べへんから? 算数できへんから?」

里親のつらさがすごく出ていました。
児童相談所の人(大杉漣)のセリフにもあったのですが
「養子縁組と違って、本当の親子ではない。ただ一時期、一緒に暮らすだけ…。」

いま、親が子供をあやめてしまう事件が多いじゃないですか。
血のつながり、とはよく言うけど、
それにかまけて、なにか大きなものを見落としてないか?

里親とは言え、オカンは必死に子供たちと取り組みます。
自分の葛藤から 過食や暴力で暴れる子供たちを受け入れます。
親のためにと 会社のお金に手を出して あげく大怪我した虎太郎(村上信五)に
「親を思わん子がどこにおる?
 あんたは優しいえぇ息子や・・ だからみんなあんたが大好きやねんで?」
っていうセリフには、涙がこぼれました。


自分が親となった幸也(渋谷すばる)に届けられたメッセージ、

「親になるということは
 信じるということなのだから」


・・なかなか、できないですよね。 (反省ママより)

すごく考えさせられました。



*ぷぅ的感想

ドラマの舞台は 大阪西成の天下茶屋、でしたが、
私は 19~27歳まで 西成の岸里 (近所) に住んでたんですよ、
離婚した オカンと ふたりで・・
だもんで、風景とか、本当に懐かしく、胸を熱くしながら観てました。

すば&ヒナ、ふたりでよかったなと思いました。
エンディングで へんに ジャニ系の曲とかかからなくてよかった。
∞で いつも感じる 「本当に大事なこと」のメッセージ、
すごくよく伝わったから・・

私は、2歳のころ親が離婚、
再婚したけど、義理の父とオカンがうまくいかなくて、
ずっと殺伐とした家族で、
そのストレスからオカンに、よく 言葉の暴力を受けていました。
小学校高学年の時には、
「あんたがおるから、私がこうなった・・ 産むんじゃなかった」
と言われ、ものすごいショックを受けました。
家族を作る自信もなかったし、
子供を育てる自信もなかった・・
私も 同じことを 子供にしてしまうんじゃないか?っていう恐怖が
すごくあったので。
だから 幸也(渋谷すばる) の葛藤がすごく身に沁みました。

だけど、
親だってカンペキじゃない。
子供はなおさら。
人生は万全ハッピーじゃないけど、
でも 膝をくっつけあって あぁだこうだと悩むこと、
とっても大事なんじゃないかと。
それは、実の親とか知り合いとかに限らず、
オトナ皆が、子供皆に、
また 子供も大人に ココロ開けるような
ご時勢であってほしいし、とっても大事なことだと。

私はそう思うのです。

最近急増している、不審者情報のメールが入るたびに
なにかが失われている ご時勢だなと 哀しく思います。


****************************
いやー長くなった!
ごらんいただきありがとうございます!
読みましたポチ、よろしく!(?) 
[ 2008/10/08 11:37 ] テレビっ子♪ | TB(0) | CM(7)
いやー・・
HDD整理しながら、やっぱり何度見ても泣ける・・

子を手放した親をどうこう、じゃなくて、
子を育てるのは おとな皆なんちゃうん?と思ったね・・


★めりうささん
うんうんうん、
>「あなたの子供でよかった」
>と思ってくれればそれだけで十分幸せです
ほんとそうですよね・・
あのラストシーンはまさしくそういうことですもんね。
血だけじゃないんですよね・・
愛情なんですよね・・ 一番 難しいことですけどね。
オトナとして、愛情豊かでありたいな・・
いろいろ 考えさせられました。

★コビトカバさん
そうですよね・・ 親が子を手にかける、っていうのが最近続きましたよね。。
あれもね、「将来を悲観して子をころして自分も一緒に」
って言うけど、
それでその親が生き残ってるっていうのが、なんか、すごい腹が立つんですよ。。私は。
いろんな事情がそれぞれあるから、一概には言えないけど・・
愛を求めているのは、いまのご時勢 みーんなそうかもしれないよね・・と最近つくづく思います。
だからこそ、お互いさま、っていう気持ちで、
子供にはおとなが暖かく包んであげられたらいいなと思うし、
みんな 助け合いの気持ちでいられたらなー・・って・・・・
難しいけどね、でも私はそれが理想。

★真珠ちゃん
豪快だけど繊細、っていう表現は、やっぱり大竹しのぶさんは適任だったなぁって思ったなぁ。
観てて楽しかった・・ ホンマに大阪のオカンてあんなカンジやからなー・・

★クラリスさん
こちらこそ、コメントありがとうございます!!
うんうん、私もね、たいがい記事を書くときはいろいろ練るんですが、今回は一気に書きました。それくらい思い入れがありました。
愛情って 難しいけど、でも諦めずに信じること・・
考えさせられましたよね^^
また遊びに行かせてくださいね、ありがとうです^^

★ガウス@さん
あ・・大竹しのぶさん出てたんなら、たぶん、そう (^^;)
そうだね・・ 子とオトナには 上下関係なんてないんちゃうかな、って 思わされたね・・
一緒に あたまくっつけて 悩んでいけばいーんだよねー

★Ashさん
>先を見通す能力は、良きことか悪しきことか
。。。うーん、どうなんやろなー・・
今の自分では 明確に答えを話すことはできません。
でも、いろんな情報や経験などをもとに、
自分が どれをチョイスしていくか・・っていうのが
一番 大事なことじゃないかなと 思います。

[ 2008/10/11 18:07 ] [ 編集 ]
> 家族を作る自信もなかったし、
> 子供を育てる自信もなかった・・

でも、現在ちゃんと結婚してお子様を
育てているぷぅちゃん☆さんは凄いと思いますよ。
知り合いには自信がないどころか
子供も家族も不幸にする自信ばかりあるので、
結婚できるとは思えないと言っている人もいますからねー(苦笑)。
[ 2008/10/09 15:36 ] [ 編集 ]
例のごとく、半分寝てて、見たような見ないような?(爆
大竹しのぶさんが出てたのだから、チャンネルはあってたかな。
色々な問題が山積みですが?
子どもを生んでから、子と一緒に親の方も成長するのでは?
と、思います。
[ 2008/10/08 22:15 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました~♪

この記事読んだだけで思い出して泣けてきました。
ほんと良いドラマでした。
血は繋がっていてもいなくても、愛情持って育てたらそれは伝わるし親子になれるんですねー
大竹しのぶさんの演技に感動でした。。。
[ 2008/10/08 18:21 ] [ 編集 ]
ふか~~いドラマでしたね。
でも、私は最後まで見れなかった~ 記憶がないの。。
忍ママとのお別れシーンまではハッキリとはあるのだけど。
だから、こちらで読ませてもらえてよかった。
よかったです、関西弁。あったかくて。
でね、やっぱり大竹忍さんは大女優だな、て。
緒形拳さんの訃報を聞いて愕然となってから、よけいに演技力に感服してました。
よい番組でした。教えてくれて本当にありがとうでした。
[ 2008/10/08 17:10 ] [ 編集 ]
人間は愛されてこそ・・なんでしょうか。
重大な犯罪を犯す、犯罪に大きい小さいはないけれど、
犯人の過去などを聞くと大体親に愛されてないとか
上手く行っていない状態だったりしますよね。
それでも頑張って生きている人はごまんといるわけで
それを理由にしたらきりがないのですが、犯罪を犯す犯さないに限らず、性格が歪んでいる人間はたいてい親の愛情を欲しているなぁと感じます。
最近の親御さんどうしちゃったの?と思ってしまう。
子供の為にと思っていることが間違っていたり
親が端をかこうと関係ないような行動をしたり・・。
同じ人間として、情けないです。
[ 2008/10/08 14:33 ] [ 編集 ]
私も見ましたよ!
自分の子供を育てるのも大変なのに
里親なんて簡単になれるものじゃないと思うのです。
なので深~いドラマでしたね
ドラマのように円満に終わるとは限らないし
ただ”お金はあるけど家族はバラバラ・・・”
なんていう家族にはしたくない。
ギリギリの生活でもお互い思いやりながら生きて行きたいな

「あなたの子供でよかった」
と思ってくれればそれだけで十分幸せです
(なんかまとまりの無いコメントでスイマセン。)
[ 2008/10/08 12:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
やすらぎの癒し系名言集
ページを更新するたびにいろいろな名言が現れます。どうぞココロ元気になりますように・・☆

presented by 地球の名言

このブログは・・
忙しいとかじゃないの、
ただ私はわたしなりに
生きているだけなの。
(ぷぅ語録)

私のプロフィールは
 ぷぅ☆プロフィール 
  ↑ こちらをクリック☆

ぷぅちゃん☆

Author:ぷぅちゃん☆

プライベートな記事をあげるとき 
パスワード設定にします。 
(カテゴリ「パスワード入り・プライベート記事」) 
ごらんになりたい方はご一報ください。
(存じ上げない方などはお断りする場合もあります) 
 

(注目記事)
*3月5日のゆずレシピ
*「子猫救急救助法」
*「みたらし団子のたれ・レシピ」
それぞれ クリックしてごらんになってください★  
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。